Japanese | English

奥井康弘の経歴


1964年
東京生まれ
1986年
東京大学 工学部都市工学科卒業
住宅・都市解析研究室において、GIS(地理情報システム)、コンピュータグラフィックスなどを研究)
卒業論文:「10mポイントサンプリングデータによる土地利用分析」
同年
日本語文書処理に専門性を持つシステムベンダーに入社
1990年
国際標準化団体ISO/IEC JTC1 SC34委員会(旧SC18/WG8)に参加し、文書処理言語SGML関連規格の審議に加わる
1993年
SGML対応文書処理システム開発プロジェクトを指揮し、製品をリリース
1997年
W3CでのXML (Extensible Markup Language) 仕様開発のメーリングリスト・グループでの議論に参加
1998年
技術評論社より「標準XML完全解説」を出版
2000年
国際標準化団体ISO/IEC JTC1 SC36委員会でeラーニングの標準化活動に参加
2001年
技術評論社より「改訂版 標準XML完全解説(上) (下)」を出版
2001年
ISO/IEC JTC1 SC36のワーキンググループ(WG2)のセクレタリーに任命され、国際会議運営を担当(リンク先資料5ページ左欄上部参照)
2003年
経済産業省からの委託事業として、日本で開催された「Asia E-Learning Network」のASEAN+日中韓の国際コンファレンスのコーディネータを担当
2005年
アスキーより「はじめて読むXML」を出版
2011年
経済産業省所管の情報処理推進機構(IPA)に非常勤職員として派遣され、EUとの連携プロジェクトに参加
2014年
IPAにて、行政のオープンデータ活用の仕組みである「IMI共通語彙基盤」の仕様開発プロジェクトに参加
2020年
日本銀行決済機構局が事務局を担当する金融メッセージ標準化委員会(ISO/TC68国内委員会)の委員に就任(委員会メンバーリスト:社名表記のみ
   同時に、対応する国際委員会の個別審議グループ「ISO 20022 Payments SEG」 にエキスパートとして参加(国際メンバーリスト
2021年
技術評論社より「UiPath実用入門」を出版